進路進学指導

将来に対する志を持つだけでなく、その志を実現するための実践力を身に着けて、社会に貢献してより良い世界の構築に携われるように、進路指導と進学指導の2つの軸で生徒の希望を叶える指導を行っています。

進路・進学指導の軸

「進路」指導

自分の個性を把握し、将来を見据えて、実現するための道を考えます。学びたい学問、そしてその先の道を考えることで、志を育成していきます。

「進学」指導

「進路」指導で育まれた志と、現状の自分との距離感を把握し、志を実現するための実践力を育成していきます。

進学指導

進学指導の基本方針

生徒が希望する大学に合格できるように、基礎学力の定着および大学入試に向けた実践力を身につける進学指導を行っています。
基本方針は、

「授業を第一に考える」

ということです。まず、授業をしっかりと理解し定着するように努力することが大事です。本校の教員は日々、授業の質を向上するように努めています。
第一希望の大学に合格した本校の卒業生の多くが、授業の価値に重きを置き、その定着に取り組み続け、そして自分に必要な勉強・足りない勉強は何かを考え、学習していたという事実に基づいています。
授業の定着がうまく図れない生徒に対しては、補習を行ったり、積極的に科目担当者に質問に行ったりするように促しています。
授業以上のことを学びたい、実践力の強化を図りたい生徒のために、次の進学指導を実施しています。

模擬試験

模擬試験の資料は、進路決定の重要な参考資料になります。また、校外の公開模擬試験も任意で受験し、問題に慣れるよう指導しています。模擬試験を通して全国における自分の学力位置を確認し、より高いレベルへの向上心を持つよう指導しています。

実力養成講座(無料)

放課後に、本校教員による講座を開講しています。高2では基礎学力の拡充・定着を目指し、高3では受験に直結した実力をつけることを目標とします。

夏期・冬期・直前講習

長期休暇中に、3日間を単位とする講習を設けています。本校教員が講義を行うため、授業の進度や生徒の状況を踏まえた講習内容になっています。

中3高校入学に向け、学力の定着と向上を目指す。
高1授業の内容の深化、定着など補習的内容。
高2受験に対する意識を持ち、学力の向上を図る。
高3夏期講習では、基礎力の定着から入試問題演習まで段階を踏んで力をつけ、冬期講習・直前講習 では、センター試験・2次試験に向けての受験学力の完成を目指す。

<表>授業外の進学指導

中2中3高1高2高3
模擬試験
実力養成講座
3学期~
講習夏期・冬期
直前