カリキュラム(高校)

概要

第2学年から文系、理系に分かれ、文系では世界史Bを必修とし、日本史B・地理Bから1科目選択します。理系は化学を必修とし、物理・生物のどちらか1科目選択します。
第3学年は文系Ⅰ(3教科型)、文系Ⅱ(5教科型)、理系(医歯薬理工)に分かれます。それぞれのコースで基礎学力をつけると共に、入試問題を中心とした演習を数多くこなし、受験の対応に全力を尽くします。

特色

概要に示したように、高校2年からは文系と理系に大きく分かれて授業を行います。高校3年では、演習の授業が多くなりますが、高校2年まででしっかりとした基礎力を身に着けていかなければ、演習の効果としての実践力が身に付きません。本校では、基礎力・実践力を身に着ける上で、授業を非常に大事な時間と考えています。
また、高校1年・2年の総合的な探究の時間ではSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の探究活動に取り組み、高校全学年の特別活動(LHR:ロングホームルーム)では様々な活動に取り組みます。これらの時間を通して、教科学習だけでは得られない取り組みを通して感性を磨き、生涯にわたって伸び続ける学力を育成します。

LHR

高校1年

高校生として身に着けてほしい基礎・基本を実践的な取り組みを通して学びます。マナーを学び、社会に出る上で必要な感性を身に着けます。また、いじめやSNSについて学ぶ機会も設け、道徳的な側面の学びを深めていきます。また、SSHの探究活動のために必要な能力の育成や探究活動の時間にも充てていきます。

高校2年

修学旅行に向けて事前・事後の学習を行い、学びを深めていきます。さらに、高校2年生がメインとなるSSHの探究活動のための時間も取り、より深い探究活動になるように取り組みます。

高校3年

外部の講師を招いて、これからの社会での重要なテーマについて議論し、自分なりの考えをまとめていく場を設けています。これまでの学んできた様々な能力を駆使し、高校3年生だからこそできる議論をしていきます。

総合的な探究の時間(高校1年・2年)

高校1年

総合的な探究の時間「科学探究基礎Ⅰ」(1単位)を行います。1学期はSSHの探究活動のための科学的なリテラシーの習得に向けて取り組みます。2学期以降はグループでテーマを立てて探究活動を行います。

高校2年

文系が総合的な探究の時間「総合探究Ⅱ」(1単位)、理系が総合的な探究の時間「科学探究Ⅱ」(1単位)を行います。これらの時間には、個人でテーマを立てて探究活動を行います。

高等学校教育課程表 (2019(平成31)年度以降入学生)

高等学校教育課程表 (2018(平成30)年度入学生)

高等学校教育課程表 (2017(平成29)年度入学生)