トップ > 学校生活 > 学校の様子

学校の様子

学校の様子

2015.07.14 - 15  「プロフェッショナルと真剣勝負(ガチバトル)」
カテゴリ:特別企画

中学3年生 から高校2年生の希望者を対象に、「答えのない課題」に取り組む、課題発見・課題解決型の校内イベントを行いました。

自動車業界が抱える課題を探し、その解決策を自動車メーカーのHondaの社員の方に提案する「ビジネス企画提案会」と、Hondaの技術者の方とクリップモーターカーの競争を行う「クリップモーターカー競技会」の2つの企画に、計187名の生徒が参加しました。双方とも「中高生だから」といったハンデの全くない純粋な真剣勝負で、生徒たちは5月末から始業前や放課後、休み時間などを利用して、チームで知力とアイデアと技術を結集し挑みました。

7月14日のビジネス企画提案会では、自動車産業が抱える若者の車離れといった問題から、女子高生目線で車に感じる課題の解決案が、工夫されたスライドやパフォーマンスで提案され、自動車メーカーのプロの方の目線で審査をしてもらいました。

ガチバトル ビジネス企画提案会

14全体

7月15日のクリップモーターカー競技会では、3mのコースを完走するチームは多くありませんでしたが、他チームであっても少しでも動くと歓声が上がり、終始白熱した雰囲気でした。決勝戦では、Hondaの技術者の方が作ったクリップモーターカーが圧倒的な速さでゴールし、会場はからはどよめきが起こりました。

クリップモーターカー

競技会 ゴール

15全体

苦労してつくったものが評価されたり、動いたりしたときの感動は何ものにも代え難く、もっと良いものをというモチベーションを高めます。楽しみながら、ワクワクしながら、調べ、計画し、試行錯誤し、振り返り、そのくり返しの中で自ら学び、自ら考える力を育んでくれたのではないでしょうか。

両日ともイベント後に、技術者の方にモーターのしくみや、自身のキャリアについての講義をしていただきました。やはり自分たちが一生懸命取り組んだテーマということで、生徒たちは真剣に聞き入っていました。

9月にはリベンジマッチを行う予定になっており、ビジネス企画もクリップモーターカー双方ともに、夏休みを利用して改善して臨むことになっています。

 


Login

パスワードを入力してください。

閉じる