トップ > 学校生活 > 学校の様子

学校の様子(2018年7月)

学校の様子(2018年7月)

2018.07.13  第18回哲学カフェ
カテゴリ:図書館

7月13日(金)、立教大学・河野哲也教授ファシリテーターのもと、図書館にて中1から高3までの13名の生徒が参加しました。2チームに分かれ、「優先席に私たちは座ってもいいのか?」(中学生)、「なぜ働くのか?」(高校生)というテーマで、中1生徒も臆することなく意見を出し、120分間を和気藹々と話し合いました。

最後の参加となった高3生徒は、「同じ不安を抱えていることが分かり気が楽になった。前向きな意見も聞け、心の靄が晴れた気がする。これぞ哲学カフェの醍醐味というものを感じられた。」とコメントし、晴れやかな笑顔で図書館をあとにしました。

IMG_0028 - コピー

IMG_0019 - コピー

2018.07.11  第7回社会科ミニシンポジウム
カテゴリ:特別企画

 7月11日(水)に、第7回社会科ミニシンポジウム「皇位継承を考える」が開かれました。

 まずは社会科の教員が歴史的分野・地理的分野・公民的分野の3分野から皇位継承に関する説明を行い、その後女性の地位に関する話なども交えつつ、生徒たちがディスカッションをしました。

 学年を超えた活発な議論で、生徒たち同士が良い刺激を与え合っているようでした。

IMG_0122 2018-07-18 23_33_35

2018.07.10  希望者対象「未来講座」
カテゴリ:特別企画

7月10日(火)、本校卒業生で東京大学大学院博士課程3年の谷田桜子さんを本校に招き、「大学院での研究室生活:見習いサイエンティストSの場合」というタイトルで、進路選択や大学院での研究室生活、研究内容についてお話しいただきました。質疑応答も盛んにおこなわれ、研究者を目指す生徒や研究者に興味のある生徒にとって、生の声を聴ける良い機会となりました。

IMG_2418

2018.07.07  海外大生による進学セミナー
カテゴリ:国際交流

3人の海外大学に進学した卒業生を招いて「海外大生による進学セミナー」を実施しました。

IMG_2188_mini

セミナーの前に3人の卒業生が伝えたいことを以下のようにまとめてくれています。

豊島岡の中学生/高校生に、「主体的に生きる」ことを伝えたい。
きっと、高校生の頃の進路選択は人生を大きく左右する決断につながる人が多い。
でも多くの場合、それは「限られた選択肢の中から、なんとなく選ぶ」ものになりがち。

豊島岡から直接海外大に進学することを決めた私たちにとって、その決断は周囲とは異なる選択をすることでした。私たちはそれぞれが固有の理由を持って、「自分」を主語に自らの進む道をデザインしてきました。

そんな経験から、今回のセミナーでは、「主体的に進路選択をする」という切り口から、「主体的に生きる」ことを伝えたいと思います。

先輩たちのプレゼンテーションを聞いて、多くの生徒が刺激を受けて、新たな自分探しの機会となったようです。

3人の卒業生の先輩方、どうもありがとうございました!


Login

パスワードを入力してください。

閉じる