トップ > 学校生活 > 学校の様子

学校の様子(2016年7月)

学校の様子(2016年7月)

2016.07.21  3校合同ビブリオバトル
カテゴリ:図書館

7月21日渋谷教育学園渋谷にて、渋谷教育学園幕張との3校合同ビブリオバトルを行いました。

今回は初めての洋書版 グループを交えての活動です。

 20名の生徒達が集まり、日本語版では渋谷教育学園渋谷・高1生徒の発表する近江源太郎監修『色の名前』がチャンプ本に選ばれ、洋書版では豊島岡女子学園・高1生徒の発表するAlice Kuipers『Life on Refrigerator Door』がチャンプ本に選ばれました。

IMG_0044 - コピー

 

2016.07.16  第41回読み聞かせボランティア
カテゴリ:図書館

 7月16日午後2時より、豊島区立中央図書館児童コーナーにて、読み聞かせを行いました。

生徒4名(中2~高2)での参加で、むらかみやすなり作『どろんこ!どろんこ!』、五味太郎作『がいこつさん』、たしろちさと作『おんがくかいのよる』、桂文我脚本『うなぎにきいて』(紙芝居)を読みました。

 お父さまもいらしていて、聞いていただけた皆さんに暑い夏の午後を涼しく楽しく過ごしていただけたようです。

 「としまがおかのおねえさん」たちは、次回9月17日にお話を届けに行きます。

IMG_0301 - コピー

IMG_0295

 

 

2016.07.15  「豊島岡重量挙げコンテスト」ガイダンス実施
カテゴリ:特別企画

 7月15日(金)、東京電機大学機械工学科先端機械コースの先生にお越しいただき、「豊島岡重量挙げコンテスト」のガイダンスを実施しました。

ガイダンス01

 東京電機大学の先生によるミニ講義があり、重量挙げのロボットの説明と、製作するために必要な技術などについて説明を受けました。また、その後夏休みに取り組むための注意事項の説明もありました。

ガイダンス02

 約100名の生徒は、真剣に講義を聴き、これからチャレンジすることをイメージし、楽しみにしていました。

2016.07.13  高校生ビブリオバトル校内予選会
カテゴリ:図書館

 活字文化推進会議主催の「全国高等学校ビブリオバトル2016関東甲信越大会」(9/18予選)と、文字・活字文化推進機構主催の「高校生書評合戦東京都大会」(9/25予選)へ向け、7月13日に図書館にて校内代表予選会を行いました。7名のバトラーが集まり、お気に入りの本を5分間で紹介しました。

 各大会にはチャンプ本に選ばれた、1年生と2年生がそれぞれ代表として参加します。

IMG_0039 - コピー

 

2016.07.12  第5回社会科ミニシンポジウム
カテゴリ:特別企画

ミニシンポ01

 18歳選挙権が実施されたことを受けて、7月12日(火)に、第5回社会科ミニシンポジウム「選挙制度を考える」が開かれました。

 まずは社会科の教員が歴史的分野・地理的分野・公民的分野の3分野から選挙制度についての説明を行い、その後説明についての質疑応答と日本の選挙制度の問題点について、生徒たちがディスカッションをしました。

ミニシンポ02

 参加生徒の中で選挙権を有しているのは1名だけでしたが、このミニシンポジウムをきっかけとして選挙制度のあり方について考えるきっかけとしてもらえたのではないでしょうか。

2016.07.12  大使館訪問プログラム(アイルランド)
カテゴリ:国際交流

 中学3年生から高校2年生までの希望者20名で、アイルランド大使館を訪問しました。

 

まず始めに、広報・文化担当官のブレーデン氏からアイルランドの概要を英語と日本語で丁寧に説明していただきました。

アイルランド大使館 010

その後、質疑応答の時間を設けていただき、気さくに色々な質問に答えていただきました。

生徒たちは事前にアイルランドに関するテーマを設定して各自で調べ学習をしていましたので、それについても英語で質問して答えていただきました。

生徒のテーマは、食生活などの習慣からケルト文化や政治に関することまで多岐に渡る分野でした。

 アイルランド大使館 009

 アイルランド大使館 015

この後、生徒たちは、各自で調べたことと、答えていただいたことなどをポスターにまとめる予定です。

そのポスターを校内に掲示し、貴重な経験を他の生徒たちとも共有する予定です。

2016.07.11  「第12回 哲学カフェ」
カテゴリ:図書館

 立教大学・河野哲也教授らのファシレテーターとして、7月11日(月)10時から12時まで本校図書館にて「哲学カフェ」を 実施しました。参加者は中1から高2までの14名です。

 今回はシェル・シルヴァスタイン著『おおきな木』を読んで、ひとつの大きな輪になって約110分間討論しました。「大人と子どもの違い」について触れた場面では、学年を超えて、活発に意見がかわされ、同じ内容の話が読む人によって様々に解釈されるされることに、生徒達は驚いていました。

IMG_0025 - コピー IMG_0014 - コピー

 

2016.07.11  「留学生が先生!」教育プログラム
カテゴリ:国際交流

中学1・2年生の希望者対象に、国際理解支援協会による「留学生が先生!」教育プログラムが実施されました。

ウズベキスタン、フィンランド、イラン、シリアの留学生の先生方に授業をしていただきました。内容は、各国の有名なものや言語などの文化紹介でした。先生方のお話が大変興味深く、生徒たちは目を輝かせて聞いていました。

DSC_2889

フィンランド出身の先生の授業

DSC_2896

シリア出身の先生の授業

 DSC_2897DSC_2879

ウズベキスタン(左)とイラン(右)の先生方には、民族衣装を着させていただきました。

 DSC_2909


アラビア習字(上)をしていただいたり、コーランをよんでいただいたりしました。

留学生との交流を通して、異文化と接することの楽しさと難しさ、異なる国々の人々と付き合っていくことの大切さを肌で感じることのできる貴重な機会でした。

 


Login

パスワードを入力してください。

閉じる