トップ > 学校生活 > 学校の様子

学校の様子(図書館)

学校の様子(図書館)

2018.04.23  世界本の日 サン・ジョルディの日
カテゴリ:図書館

 4月23日は「世界本の日 サンジョルディの日」です。毎年、この日に因んで企画される図書館イベントが行われました。図書館のカウンターには、特別に生徒達が選んだ教員が座り、コンピュータ部員が作成した「図書委員オリジナル栞」を配布します。また館内では同時進行で、校外の大会へも出場経験のある高1・3名の生徒によるミニビブリオバトルも行われました。図書館オリエンテーションが終わったばかりの1年生がたくさん集まり、賑やかな昼休み。UNESCO認定の「世界本の日」をスタートに、2018年度も、感動と知識欲を高める本たちに出会えることを願ってやみません。

IMG_0005 - コピー

IMG_0011 - コピー

IMG_0046 - コピー

IMG_0040 - コピー

2018.03.30  第4回 5校合同ビブリオバトル
カテゴリ:図書館

 3月30日(金)ビブリオバトル図書館校外企画として、渋谷教育学園幕張図書館にて、渋谷教育学園渋谷・市川学園・広尾学園・本校の5校での合同ビブリオバトルを行いました。これは毎年3月に定期的に行っており、生徒たちは秋頃からとても楽しみにしています。

 総勢42名(見学含む)が集まり、予選の部では5~6人ずつが6グループに分かれ、それぞれお気に入りの1冊を紹介しました。今年は洋書部門に、フランス・オーストリアからの留学生も参加しました。

 決勝進出の6名に、本校からは中学3年生2名と高校1年生の計3名が進出。それぞれ司馬遼太郎著『燃えよ剣』、降田天著『女王はかえらない』、彩瀬まる著『くちなし』を紹介し、『女王はかえらない』が見事準チャンプ本に選ばれました。チャンプ本には渋谷教育学園幕張の高校1年生が紹介する、ジョン・ハンター著『小学4年生の世界平和』が選ばれました。本好きが熱く語るこの会で、読みたくなる本が一気に増え、弾ける笑顔の中で1日が締め括られました。

IMG_9049

  『女王はかえらない』を紹介し、準チャンプ本に!

IMG_9028

    『燃えよ剣』を熱く語り、聴衆を魅了しました

IMG_9032

  『くちなし』の紹介には、意外性のある内容にどよめきも

当日は書店の企画担当の方や読売新聞社の方が、定期的に行っている合同ビブリオバトルの様子を見学に来られ、共に楽しいひとときを過ごしました。

 

2018.03.28  第1回全国中学ビブリオバトル決勝大会
カテゴリ:図書館

 3月28日(水)、活字文化推進会議主催・読売新聞主管の「全国中学ビブリオバトル決勝大会」が上智大学にて開催されました。都府県代表の生徒達37名が参加した、中学生としては初の全国大会です。

 本校からは、校内予選から代表に選ばれた中学3年生が、木崎ちあき著『博多豚骨ラーメンズ』を紹介しました。映画『君の名は』を手がけ、『世界から猫が消えたなら』『億男』の著者川村元気さんも、決勝大会の投票・質疑応答の様子に参加され、会場は熱気に包まれました。

 この当日の様子は、3月29日(木)の読売新聞朝刊(紙面・デジタル版)にて紹介されています。また、当日のNHKのテレビ、ラジオニュースで大会の模様が報じられ、ラジオのほうはNHKオンラインからNHKジャーナルで検索→ストリーミング→3月28日のところに収められています。

IMG_0010 - コピー

IMG_0019 - コピー

2018.03.12  第17回哲学カフェ
カテゴリ:図書館

 3月12日(月)13:00~15:00、年に3回定期的に行われている哲学カフェが、立教大学のファシリテータ―河野哲也教授らのもと、本校図書館にて中1から高2までの生徒たちと行われました。2チームに分かれ、「超能力とは何か?」「なぜ女性は化粧をしなければならないのか?」というテーマについて、休憩を挟みながら約100分間、楽しく話し合うことが出来ました。終了後のアンケートには、「お化粧についてだけでなく、日本の文化や企業の戦略などにまで話が広がっていったのは哲学カフェならではの魅力だと思う。」と寄せる生徒もいました。

t1803131633362 IMG_0010 - コピー

2018.01.20  第50回読み聞かせボランティア
カテゴリ:図書館

 1/20(土)14:00より、豊島区立中央図書館・児童コーナーにて、高2・高1・中3の4名での参加です。インフルエンザで学級閉鎖が増えるなか、節目となる第50回目の活動を4人元気に揃い、行うことが出来ました。今月は、ルース・クラウス作『にんじんのたね』、なとりちづ文『ゆきあそび-くまくんのふゆ-』、中川ひろたか文『こころとしんぞう』、富安陽子文『びんぼうがみとふくのかみ』を読みました。

 今回は図書館担当者の方から来場のみなさまへ、このおはなし会の活動が東京都知事から表彰された旨の説明を受けてからのスタート。23名もの沢山の親子の方々の前で、生徒達はいつになく自信を持って背筋をピンと伸ばし、元気に手遊び歌からおはなしへと導入していきました。

 今年度の活動は今回で最後となります。次回は2018年度5月に、新メンバーを含む「としまがおかのおねえさん」たちが、お話を届けに行きます。

 IMG_0001 - コピー

 

2018.01.18  中学選抜ビブリオバトル東京大会校内予選会
カテゴリ:図書館

 活字文化推進会議主催の中学選抜ビブリオバトル東京大会に向け、放課後図書館にて第3回目の校内予選会を行いました。今回は「どうしてもビブリオバトルに参加したい!」と熱望する高校生も参加し、正式のものとは別集計を行い、中学生大会を盛り上げました。初の中1も参加したこの予選会。チャンプ本には、接戦ののち中3生徒の紹介した本が選ばれました。

 今回紹介された本には新書も含まれ、小説だけの領域から幅を広げてきています。代表に選ばれた生徒は、3月29日に青山学院大学で開催される決勝大会へ参加します。

IMG_0011 - コピー

 

2017.12.19  第16回哲学カフェ
カテゴリ:図書館

 12月19日(火)、立教大学のファシリテーター河野哲也教授らのもと、本校図書館にて中2から高2までの生徒20名が参加しました。今回は参加者多数のため、2つのチームに分かれて実施。当日話し合いながら決めた「自分らしさの見つけ方」「世界における日本」をテーマに、90分間をあっという間に過ごしました。終了後のアンケートでは、「ひとつの事を深く考えたり、それを他の人と話す機会は普段あまりないので、とても楽しかったし参考になった。」という感想がありました。また、興味はあったが日程がうまく合わず(年に3回開催)、1年越しで初参加したという生徒もイキイキと発言をしていました。

 20171225 1225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.13  読み聞かせボランティア東京都より表彰
カテゴリ:図書館

 豊島区立中央図書館での読み聞かせボランティア(正式名称「としまがおかのおねえさんによるおはなしかい」)が、東京都青少年健全育成功労者等表彰の模範青少年団体の部で、東京都より表彰を受けました。今年は読み聞かせの校外活動として10年目となる、節目の年でもあります。

 12月13日(水)、東京都庁5階大会議場で小池都知事より表彰状を頂きました。この式へはメンバー代表として活動歴5年目の高2渡邊百花さん、立ち上げ時に深く関わった2008年度卒業生の旧姓塚田有利さん、顧問で司書教諭の髙司が参加しました。このような賞を頂いたことに深く感謝し、現中1から高3までの20名のメンバーと共に、これからも地域のお子様がたに喜んで頂けるよう、お話を届け続けていきたいと思っています。

東京都知事小池百合子氏より

賞状と記念品

2017.11.18  第49回読み聞かせボランティア
カテゴリ:図書館

 11/18(土)14:00より、豊島区立中央図書館・児童コーナーにて、高2・高1の4人で行いました。

今月は風木一人作『おやゆびさん』、ショーン・テイラー作『ねないこせかいチャンピオン』、『ねずみのよめいり-日本民話-』、デイヴィット・ルーカス作『おもちゃびじゅつかんでかくれんぼ』を読みました。元気なお子様たちが集まり、生徒たちは思いがけない反応に柔軟に対応しながらも、楽しく会を進めることが出来ました。

「としまがおかのおねえさんによるおはなしかい」は、次回1/20(土)にお話を届けに行きます。

 IMG_0010 - コピー

2017.11.21  桃李祭 歌会企画の集い
カテゴリ:図書館

 11/21(火)放課後図書館にて、桃李祭で行った「歌会企画」の集いを行いました。

当日は歌を詠んだ教員・生徒らが集まり、来館者から支持された短歌(自由題と題詠「秋」)の3位までの人に賞状が授与されました。

 歌会企画の高1リーダーが司会を務め、参加者は主に入賞者の作品の内容詳細を聞きました。作者からその歌のより深い意味を知り、改めて感嘆の声が上がる場面もありました。他者からの感想を受けることで、ひとつの歌がより輝くことを知る貴重な時間となりました。

IMG_0040 - コピー

 


Login

パスワードを入力してください。

閉じる